2016年1月号

経験は意思決定の敵となる

3つのバイアスと6つの対処法

エムレ・ソイヤー

エムレ・ソイヤー

オジェギン大学 助教

ロビン M. ホガース

ロビン M. ホガース

ポンペウ・ファブラ大学 名誉教授

意思決定は過去の経験を踏まえて、あるいは、周囲のアドバイスに基づいて行われることが多い。しかし、それによってかえって視野が狭まり、的確に状況を把握できずに、誤った判断へと導かれてしまうことも少なくない。特に、プロセスよりも結果を重視する「結果バイアス」、すぐに手に入る身近な情報を過大評価する「利用可能性バイアス」、自説を支持する証拠ばかりに目を向ける「確証バイアス」という3つのフィルターがかかってしまうのだ。本稿では、これらのフィルターが誘発する行動やその影響について解説し、それに対処するための6つの対処法を紹介する。

エムレ・ソイヤーオジェギン大学 助教

ロビン M. ホガースポンペウ・ファブラ大学 名誉教授

PDF論文:9ページ[約1,642KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない