2016年1月号

【インタビュー】「内なる自分」が決断する

時間と空間の2軸で思考する

岩田 彰一郎 :アスクル 代表取締役社長兼CEO

岩田 彰一郎

アスクル 代表取締役社長兼CEO

経営者が意思決定を下すうえで重要なのは、論理なのか、直感なのか。1997年からアスクルのトップとして、同社を率いてきた岩田彰一郎氏は、インターネットでの商品受注や「当日配送」など、時代の先を行く決断を下してきた。岩田氏は意思決定において、右脳的判断と左脳的判断の区別をつける必要はないと考える。物事の本質がどこにあるかを常に考えることが重要だと語る岩田氏に、その真意を聞く。

岩田 彰一郎アスクル 代表取締役社長兼CEO

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない