2009年3月号

GE:LIGプログラム

クロトンビルで始まった「チーム学習」

スティーブン・プロケッシュ :HBR シニア・エディター

スティーブン・プロケッシュ

HBR シニア・エディター

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、買収に頼らない「内部成長」によって、世界のGDP成長率の二~三倍の売上高成長率を達成するという目標を掲げ、二〇〇七年、この目標を上回る九%を記録した。この成功を支えているのが、二〇〇六年にスタートした「リーダーシップ・イノベーション・アンド・グロース」(LIG)である。これまでGEのトレーニングは、個人の能力開発に重点を置いていた。しかしこのLIGは、「チーム学習」によるアクション・ラーニングである。これは、GEのビジネス・リーダー全員を対象としており、内部成長とそのためのイノベーションを継続させることを目的としている。

スティーブン・プロケッシュHBR シニア・エディター

PDF論文:15ページ[約1,924KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない