10の破壊的テクノロジー(2)

6.モジュラー・デザイン

  モジュラー・デザインは、製品の機能に変革をもたらすだけではなく、消費者と製品の関わり方の「質」と「期間」にも変化をもたらす。モジュール単位で設計された製品は故障しても欠陥部品だけを交換または修理すればよいので、消費者はより長く製品を利用し、また自分好みにパーソナライズすることができる。

7.スマートリサイクル

  リサイクルは以前より行われているが、さまざまなイノベーションやCEへの投資によって、さまざまな発展を遂げてきており、センサーを活用した素材の分別や自動化が推し進められている。そうしたリサイクルの進化と効率性の向上を背景に、成長の源としてCEに転換する企業が増えている。

8.バイオサイエンス

  バイオサイエンスは、代替資源の利用を大々的に加速させる重要な役割を担っている。本分野でのイノベーションは、新たな循環型資源利用を牽引し、従来廃棄物として扱われていた生産物を新たな資源として利用する新たな手法をもたらす。

9.トレース&リターン・システム

  トレース&リターン・システムは、効率的かつ効果的な素材選別機を利用することで使用済み製品をコスト効率よく回収し、それらをサービスとして提供したり、修理や資源回収を行ったり、再利用、再製品化、リサイクルすることにより、サーキュラー・ビジネスモデルを支える。

10.3Dプリンター

  ここ数年間で最も刺激的なテクノロジーの一つといわれる3Dプリンターは、製造業界の中心的な役割を担うまで着実な進化を遂げた。CEにおいてもビジネスモデルを実現する主要ドライバーの一つであり、正確なジオメトリーで部品を直接出力することにより製品の修理を可能にしたり、代替材料やリサイクル素材の利用機会を生み出す。