2009年4月号

「第二のスティーブ・ジョブズ」の育て方

ブレークスルー・イノベーターを探せ

ジェフリー・コーン

ジェフリー・コーン

スペンサースチュアート コンサルタント

ジョン・R・カッツェンバック

ジョン・R・カッツェンバック

カッツェンバック・パートナーズ パートナー

ギュス・フラク

ギュス・フラク

カッツェンバック・パートナーズ パートナー

アップルがいま、そして今後も抱える課題とは何か。それは、「第二のスティーブ・ジョブズ」を発見・育成することである。しかし、二五の組織のイノベーション政策を五年間にわたって調べた結果、イノベーションの必要性を認識していながら、社内のロール・モデルを模倣させる、過去の成功や失敗にこだわるなど、前例主義の呪縛から逃れられない企業が多いことがあらためて確認された。それでも、トムソン・ロイター、マクドナルド、オールステート保険、スターウッド・ホテル・アンド・リゾートなどの企業では、将来のイノベーターを育成するために、徹底的な選抜システム、通常以上の権限委譲、プロジェクト・マネジャーへの任命、複数の先輩社員に師事するメンタリング、イノベーターのネットワークづくりなどによって、イノベーションの持続的な創発に取り組んでいる。

ジェフリー・コーンスペンサースチュアート コンサルタント

ジョン・R・カッツェンバックカッツェンバック・パートナーズ パートナー

ギュス・フラクカッツェンバック・パートナーズ パートナー

PDF論文:15ページ[約2,337KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない