2009年4月号

マネジメント2.0

新時代へ向けた25の課題

ゲイリー・ハメル

ゲイリー・ハメル

シリコンバレーの非営利研究機関「マネジメント・ラボ」は、マッキンゼー・アンド・カンパニーの後援の下、斯界の権威たちを集め、マネジメント・イノベーションを考えるカンファレンスを開催した。現状を打破し、新しい時代を拓くマネジメントはどうあるべきか。主催者のゲイリー・ハメルのほか、ヘンリー・ミンツバーグ、C・K・プラハラッド、ピーター・M・センゲ、ハル・R・バリアンなどの研究者、革新的と呼ばれる企業のCEO、コンサルタントなど、総勢20余名が、従来の「マネジメント1.0」というパラダイムをシフトさせる「マネジメント2.0」に向けた25の課題を提唱する。

ゲイリー・ハメル

PDF論文:15ページ[約2,075KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない