2009年5月号

不況期のマーケティング

消費者心理とニーズの変化に臨機応変に対処する

ジョン・A・クウェルチ

ジョン・A・クウェルチ

ハーバード・ビジネススクール 教授 中欧国際工商学院 客員教授

キャサリン・E・ジョックズ

キャサリン・E・ジョックズ

ハーバード・ビジネススクール 研究員

不況下にあっては、消費者を「急ブレーキを踏む」「痛みに耐える」「かなり余裕のある」「その日暮らし」の四つのセグメントに分け、かつ製品やサービスを「必需品」「贅沢品」「先延ばし品」「消耗品」に分類して、消費行動の変化と対応策を考えるとよい。本稿では、このマトリックスに基づいて、不況期のマーケティング戦略について解説する。消費者心理とニーズの変化に応じて、製品ポートフォリオ、価格戦略、広告宣伝を見直した企業は、不況によって力を失った企業から市場シェアと顧客を奪取し、景気が回復した時には、さらなる躍進を遂げることができる。

ジョン・A・クウェルチハーバード・ビジネススクール 教授 中欧国際工商学院 客員教授

キャサリン・E・ジョックズハーバード・ビジネススクール 研究員

PDF論文:15ページ[約2,650KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない