2012年9月号

【インタビュー】「はやぶさ」の奇跡に学ぶ:協調型リーダーはいらない

伝説の宇宙開発プロジェクト・チーム

川口 淳一郎 :宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー元「はやぶさ」プロジェクト・マネジャー

川口 淳一郎

宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー元「はやぶさ」プロジェクト・マネジャー

2003年5月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、2年後に小惑星「イトカワ」の着陸に成功したものの、燃料漏れやエンジン停止、音信不通などのトラブルが相次ぎ、帰還が何度も危ぶまれた。しかし、「はやぶさ」はそのトラブルを克服し、約60億kmの旅を終えて7年ぶりに帰還した。月以外の天体に着陸した探査機が帰還したのは世界で初めてのことである。 「はやぶさ」プロジェクトには非常に多くの研究者、技術者が関わった。限られた国家予算と有限の飛行時間という制約のなか、プロジェクトを率いるリーダーの類い稀なるリーダーシップにより、偉業は成し遂げられた。 本インタビューでは、構想段階から計画に参画し、十余年にわたる大プロジェクトを支え続けたプロジェクト・マネジャーの川口淳一郎氏が、ハイリスク・ハイリターンのプロジェクト・チームを率いるリーダーシップの要諦について語る。

川口 淳一郎宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー元「はやぶさ」プロジェクト・マネジャー

PDF論文:10ページ[約817KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない