2009年6月号

2009年のパワー・コンセプト

ビジネスを変えるブレークスルー・アイデア20

エリザベス・ウォーレン

エリザベス・ウォーレン

ハーバード・ロースクール 教授

ハーバード・ロースクールのレオ・ゴットリープ記念講座教授。法学が専門。信用と経済的ストレスをテーマに、8冊の著書と100本以上の論文を発表している。アメリカ政府の不良債権救済プログラム(TARP)の資金運用を監督する目的で議会が設置した委員会の委員長を務める。

アメリア・ティアギ

アメリア・ティアギ

ビジネス・タレント・グループ 共同創設者兼COO

ロサンゼルスにあるビジネス・タレント・グループの共同創設者兼COO。前職はマッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタント。

ポール・コリアー

ポール・コリアー

オックスフォード大学 アフリカ経済研究センター 所長

著書にThe Bottom Billion: Why the Poorest Countries Are Failing and What Can Be Done About It, Oxford University Press, 2007.(邦訳『最底辺の10億人』日経BP社、2008年)がある。

ジャン=ルイ・バーンホルツ

ジャン=ルイ・バーンホルツ

オックスフォード大学 アフリカ経済研究センター 研究員

新興市場での事業開発を専門とするコンサルタントでもある。

エイミー J. C. カディ

エイミー J. C. カディ

ハーバード・ビジネススクール 助教授

ジョン J. スビオクラ

ジョン J. スビオクラ

ダイヤモンド・マネジメント・アンド・テクノロジー・コンサルタンツ 副会長兼ディレクター

シカゴにあるダイヤモンド・マネジメント・アンド・テクノロジー・コンサルタンツの副会長、ならびにイノベーションとリサーチ担当ディレクター。ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメントの客員教授でもある。

ノア J. ゴールドスタイン

ノア J. ゴールドスタイン

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 アンダーソン・スクール・オブ・マネジメント 助教授

ロサンゼルスにあるカリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン・スクール・オブ・マネジメントの助教授。共著にYes!: 50 Scientifically Proven Ways to Be Persuasive, Free Press, 2008.がある。

レイモンド・フィスマン

レイモンド・フィスマン

コロンビア・ビジネススクール 教授

コロンビア・ビジネススクールのランバート・ファミリー記念講座教授。社会的企業(ソーシャル・エンタープライズ)に関する研究に従事。共著としてEconomic Gangsters: Corruption, Violence, and the Poverty of Nations, Princeton University Press, 2008.がある。

ポール L. サフォー

ポール L. サフォー

スタンフォード大学 コンサルティング 准教授

フォアキャスターならびに未来学者。現在、スタンフォード大学コンサルティング准教授のほか、シリコンバレーの未来研究所(IFTF)のロイ・アマラ記念フェロー、三星綜合技術院顧問、シンガポール国立研究財団科学顧問、スウェーデン王立科学アカデミーのフェローなどを務める。著書に『シリコンバレーの夢』(ジャストシステム、1992年 *日本語版のみ)がある。

ガーディープ・シン・ポール

ガーディープ・シン・ポール

マイクロソフト コーポレートバイスプレジデント

マイクロソフトのユニファイド・コミュニケーションズ・グループ担当コーポレートバイスプレジデント。

リタ・ギュンター・マグレイス

リタ・ギュンター・マグレイス

コロンビア・ビジネススクール 准教授

共著にThe Entrepreneurial Mindset: Strategies for Continuously Creating Opportunity in an Age of Uncertainty, Harvard Business School Press, 2000.(邦訳『アントレプレナーの戦略思考技術』ダイヤモンド社、2002年)、Market Busters: 40 Strategic Moves That Drive Exceptional Business Growth, Harvard Business School Press, 2005.(邦訳『市場破壊戦略』ダイヤモンド社、2006年)がある。

ジャニン M. ベニュス

ジャニン M. ベニュス

バイオミミクリー・インスティテュート 理事長

モンタナ州ミズーラにバイオミミクリー・インスティテュートを設立し、現在理事長を務める。著書にBiomimicry: Innovation Inspired by Nature, William Morrow, 1997.(邦訳『自然と生体に学ぶバイオミミクリー』オーム社、2006年)などがある。

グンター A. M. パウリ

グンター A. M. パウリ

ZERI 創設者兼ディレクター

資源とエネルギーを循環再利用し、廃棄物をゼロに近づける「ゼロ・エミッション構想」を提唱し、そのために科学者と企業人をグローバルに結びつけるZERI(ゼロ・エミッション研究構想:Zero Emissions Research and Initiatives)を創設。著書にUpsizing: The Road to Zero Emissions, More Jobs, More Income and No Pollution, Greenleaf Publishing, 2000.(邦訳『アップサイジングの時代が来る』朝日新聞社、2000年)、また共編著としてSteering Business toward Sustainability, United Nations University Press, 1995.(邦訳『ゼロ・エミッション』ダイヤモンド社、1996年)など、17冊の著書がある。

マイケル I. ノートン

マイケル I. ノートン

ハーバード・ビジネススクール 助教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボラトリー、MITスローン・スクール・オブ・ビジネスのフェローを経て、現在はハーバード・ビジネススクールの助教授。

ピーター・シュワルツ

ピーター・シュワルツ

グローバル・ビジネス・ネットワーク 共同創設者兼会長

サンフランシスコにあるグローバル・ビジネス・ネットワークの共同創設者兼会長。またモニター・グループのパートナーを務める。

ニコラス A. クリスタキス

ニコラス A. クリスタキス

ハーバード大学 社会学部 教授 兼 ハーバード・メディカルスクール 教授

ハーバード大学社会学部教授、ならびにハーバード・メディカルスクール教授。ハーバード大学と提携しているマウントオーバーン病院の医師でもある。著書にDeath Foretold: Prophecy and Prognosis in Medical Care, University Of Chicago Press, 2001.(邦訳『死の予告』ミネルヴァ書房、2006年)がある。

マルセロ M. スアレス=オロスコ

マルセロ M. スアレス=オロスコ

ニューヨーク大学 教授

ニューヨーク大学スタインハルト・スクール・オブ・カルチャー・エデュケーション・アンド・ヒューマン・ディベロップメントにてコートニー・セール・ロス記念講座ユニバーシィティ・プロフェッサーを務める。グローバリゼーションと教育が専門。

イアン・ブレマー

イアン・ブレマー

ユーラシア・グループ 社長

ニューヨークに本社を置く、政治リスクの分析に特化したコンサルティング会社、ユーラシア・グループの社長。共著にThe Fat Tail: The Power of Political Knowledge for Strategic Investing, Oxford University Press, 2009.がある。

ホアン・プジャダス

ホアン・プジャダス

プライスウォーターハウスクーパース マネージング・パートナー

ニューヨークを拠点に、グローバルおよびアメリカにおけるアドバイザリー・サービス部門のリーダーを務める。

スティーブ・ジューベットソン

スティーブ・ジューベットソン

ドレイパー・フィッシャー・ジューベットソン マネージング・ディレクター

カリフォルニア州メンローパークにあるベンチャー・キャピタル、ドレイパー・フィッシャー・ジューベットソンのマネージング・ディレクター。

ルー・マクレアリー

ルー・マクレアリー

HBR誌 シニア・エディター

トム・イルベ

トム・イルベ

ガーリック 共同創設者兼CEO

イギリスを拠点とするオンラインID管理サービス会社、ガーリックの共同創設者兼CEO。世界経済フォーラムの「2008年のテクノロジー・パイオニア」の一人に選ばれた。

アレックス・ペントランド

アレックス・ペントランド

マサチューセッツ工科大学 メディア・ラボ 教授

マサチューセッツ工科大学の東芝記念講座教授。メディア芸術ならびにメディア科学が専門。また、同大学ヒューマン・ダイナミック・ラボのディレクターを務める。最新の共著にHonest Signals: How They Shape Our World, MIT Press, 2008.がある。本稿は同書の抜粋である。

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン・カレッジ 教授

マサチューセッツ州ウェルズリーにあるバブソン・カレッジの学長特別講座教授。また同校の経営教育研究所のディレクターを務める。ナレッジ・マネジメント、プロセス・マネジメント、イノベーションに関する研究に従事。著書にThinking for a Living: How to Get Better Performances And Results from Knowledge Workers, Harvard Business School Press, 2005.(邦訳『ナレッジワーカー』ランダムハウス講談社、2006年)、Mission Critical: Realizing the Promise of Enterprise Systems, Harvard Business School Press, 2000.(邦訳『ミッション・クリティカル』ダイヤモンド社、2000年)、また共著にCompeting on Analytics: The New Science of Winning, Harvard Business School Press, 2007.(邦訳『分析力を武器とする企業』日経BP社、2008年)などがある。

バラ R. アイヤル

バラ R. アイヤル

バブソン・カレッジ 准教授

ITマネジメントが専門。

R. スタンレー・ウィリアムズ

R. スタンレー・ウィリアムズ

ヒューレット・パッカード シニア・フェロー

またカリフォルニア州パロアルトにある同社の情報/量子システム研究所のディレクターを兼ねる。

HBR誌は毎年、世界経済フォーラムと共同で近未来のブレークスルーとなるアイデアを見つけるために各界の識者を集めたブレーンストーミングを開いている。これに加えて、HBR誌のネットワークからさまざまなアイデアを吸い上げ、ふるいにかけて、20のパワー・コンセプトを選び出した。世界的な金融危機が進展するなか、将来への投資よりも足下の課題につい関心が向かいがちだが、長期的な視点に立てば新しい戦略的視点や人材市場の新たな動き、破壊的な新技術やビジネスモデルの動向から、目をそらすわけにはいかないだろう。

PDF論文:36ページ[約6,616KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない