2009年7月号

脳科学が解明する意思決定リスク

「パターン認識」と「感情タグ」が判断を曇らせる

アンドリュー・キャンベル

アンドリュー・キャンベル

アシュリッジ・マネジメント・センター ディレクター

ジョー・ホワイトヘッド

ジョー・ホワイトヘッド

アシュリッジ・マネジメント・センター ディレクター

シドニー・フィンケルスタイン

シドニー・フィンケルスタイン

ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 教授

ダイムラー・クライスラーのクライスラー合併の意思決定など、優秀なリーダーが判断ミスを犯す例は数多い。そのような判断ミス八三例について調べたところ、過去の経験や判断に基づいて推論する「パターン認識」、ある記憶や経験に伴う感情の影響を被る「感情タグ」という脳の働きに原因があることが判明した。また心理学の研究からも、人間はかつて下した判断、すなわち「刷り込み」を見直すことも苦手だという。

アンドリュー・キャンベルアシュリッジ・マネジメント・センター ディレクター

ジョー・ホワイトヘッドアシュリッジ・マネジメント・センター ディレクター

シドニー・フィンケルスタインダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:11ページ[約1,589KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない