2009年7月号

アートすべき時、科学すべき時

行きすぎた標準化を問い直す

ジョセフ・M・ホール :ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 客員准教授

ジョセフ・M・ホール

ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 客員准教授

この数十年、製造業のみならず、さまざまなサービス業が、バリューチェーンのあらゆる部分で科学的手法によるプロセスの標準化を推し進めてきた。ところが、このような科学的なプロセス管理よりも、個人の経験、人間ならではのスキルや能力といった、言わば「アート」の力のほうが優れた成果をもたらす領域がある。スタインウェイ・アンド・サンズ、ザ・リッツ・カールトン、ミニット・クリニック、マサチューセッツ総合病院(MGH)などの例を挙げながら、ポスト・モダンのプロセス・マネジメントについて考える。

ジョセフ・M・ホールダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 客員准教授

PDF論文:11ページ[約2,675KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない