2015年12月号

業績を可視化するブランドマッピング

【ブランドマネジメント】「中心性」と「特殊性」から導く4つの分類

ニラジ・ダワル

ニラジ・ダワル

アイビー・ビジネススクール 教授

チャラン K. バッガ

チャラン K. バッガ

従来、ブランドのポジショニングと業績は異なる指標によって分析されてきた。前者は手頃な価格対プレミアムといった二項対立によって、後者は市場シェア、成長率、収益性などに基づいたマッピングがされていた。だが、筆者らが開発した「C-Dマップ」を用いれば、ポジショニングと業績の関係を4象限から成る一つのマップ上で表現することができる。本稿では、C-Dマップで新たに定義された4つのブランドポジションについて解説したうえで、各ポジションで利益を最大化するために取るべき打ち手が提示される。

ニラジ・ダワルアイビー・ビジネススクール 教授

チャラン K. バッガ

PDF論文:10ページ[約1,272KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない