2015年12月号

なぜ人事部は嫌われるのか

求められるのは経営戦略を支えること

ピーター・カッペリ :ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ピーター・カッペリ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

いま、人事部に関する不満が、特に米国において幅広い人々の共感を呼んでいる。人事部が管理のための定型的な業務ばかりを重視し、ビジョンや戦略を持たないことが、その要因の一つだ。経済状況や労働市場の状況に左右されがちで、人事部はその時々で経営陣から重視も軽視もされる。しかし、そのような状況に振り回されるばかりでよいのだろうか。本稿では人事部が専門知識を活かし、長期的な戦略を描く必要性について論じていく。

ピーター・カッペリペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

PDF論文:12ページ[約2,121KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない