2015年12月号

CHROは経営者たれ

戦略は人に始まる

ラム・チャラン

ラム・チャラン

経営コンサルタント

ドミニク・バートン

ドミニク・バートン

マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージング・ディレクター

デニス・ケアリー

デニス・ケアリー

コーン・フェリー 副会長

「企業の成功を左右するのは人材である」ことは多くのCEOが心得ている。しかし、その人材のマネジメントを担当する人事部門は、ともすれば管理的な面ばかりに目が向きがちで、部門の責任者であるCHRO(最高人事責任者)に不満を持つCEOも多い。こうした現状を変えていくのはCEOの大切な仕事であると本稿の筆者らは訴える。CEOが主導して、CHROの責務を見直し、CHROを真のパートナーとするために、CFOとともに三頭体制を築き、三者による定期的な会合を持つべきだと指摘する。価値を生み出してくれるのは、事業でなく人材だ。それに納得するならば、人事職能の刷新は急務である。

ラム・チャラン経営コンサルタント

ドミニク・バートンマッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージング・ディレクター

デニス・ケアリーコーン・フェリー 副会長

PDF論文:14ページ[約2,785KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない