2009年7月号

正しいリスクは競争優位の源泉

第三のリスク・マネジメント革命

ケビン・S・ビューラー

ケビン・S・ビューラー

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

アンドリュー・フリーマン

アンドリュー・フリーマン

マッキンゼー・アンド・カンパニー シニア・エキスパート

ロン・ハルマー

ロン・ハルマー

カールソン・キャピタル CEO

あらゆる企業がリスクから逃れられない。あまり賢くない企業は、リスクというリスクを減らそうとするが、「ハイ・リスク/ハイ・リターン」といわれるように、リスクはそもそも、損失だけでなく利益をもたらすものである。ただしそれは、本来負うべき「正しいリスク」の場合に限られる。「不確実性時代」の経営とは、その字義どおり、いかにリスクを管理するかにほかならない。本稿では、正しいリスクを特定し、管理することが、競争優位をもたらし、持続的成長に貢献することを解説する。

ケビン・S・ビューラーマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

アンドリュー・フリーマンマッキンゼー・アンド・カンパニー シニア・エキスパート

ロン・ハルマーカールソン・キャピタル CEO

PDF論文:14ページ[約2,278KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない