2009年8月号

あなたの会社の「グーグル戦略」を考える

マルチサイド・プラットフォームをいかに活用するか

アンドレイ・ハジウ

アンドレイ・ハジウ

ハーバード・ビジネススクール 准教授

デイビッド・B・ヨッフィー

デイビッド・B・ヨッフィー

ハーバード・ビジネススクール 教授

B2Cはもとより、B2B企業ですら、いまやeコマースと無縁ではいられない。しかし、ほとんどの企業がその戦略を立案するうえで、「マルチサイド・プラットフォーム」(MSP)を単なるインフラと考え、その真の目的や戦略、力学について軽視している。MSPとは、たとえばOSであり、最近ならばアマゾン、グーグルなどである。トイザらスはアマゾンと独占的提携を結んだが、MSPとしてではなく、単なるオンライン小売業として見たことで、高い授業料を支払うはめになった。一方、世界最大のゲーム開発会社、エレクトロニック・アーツは、マイクロソフトの思惑と提携後の力学を理解することで、不利な立場に追いやられることなく、自分たちの価値を守った。本稿では、いかにMSPを賢く活用するか、すなわち「グーグル戦略」について、解説する。

アンドレイ・ハジウハーバード・ビジネススクール 准教授

デイビッド・B・ヨッフィーハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:12ページ[約2,023KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない