2015.10.23

機械化がどれほど進んでも、人間を活用する企業が勝つ

人的資源の過小評価は企業の命取り

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン大学の特別教授。経営学・情報技術を担当。

マサチューセッツ工科大学センター・フォー・デジタル・ビジネスのリサーチ・フェロー。デロイト・アナリティクスのシニア・アドバイザー。インターナショナル・インスティテュート・フォー・アナリティクスの共同創設者。ジュリア・カービーとの共著新刊『AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事』、他多数の経営書を著している。

ジュリア・カービー

ジュリア・カービー

ハーバード・ユニバーシティ・プレスのシニアエディター

HBR誌にも長年寄稿している。トーマス・ダベンポートとの共著新刊『AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事』がある。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2019年8月号『ムーンショット 大いなる挑戦が人を動かす』発売!
EIシリーズ最新刊『オーセンティック・リーダーシップ』好評発売中!
DOL有料会員導線
定期購読のご案内
論文セレクション

アクセスランキング

スペシャルコンテンツ

    DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

    2019年8月号

    特集:ムーンショット 大いなる挑戦が人を動かす

    【下記のサイトからご購入いただけます】

    (ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

    しおりを挟む位置をクリックしてください。

    解除の場合はをクリックしてください。

    この記事は以前に読み進めています。
    前回読み進めたページまで移動しますか?

    移動する移動しない