2015年11月号

あなたの上司がロボットに代わったら

考える機械がツールからチームメイトに変わる

ウォルター・フリック :『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター。

ウォルター・フリック

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター。

人工知能の研究は急速に進展を遂げている。それは機械が単なるツールを超えて、オフィスでともに働くチームメイトへと変わる時代すら予感させるものだ。ある日、上司がロボットに代わっている可能性も十分に考えられるだろう。ただし、自発的に考える機械を人間が受け入れることは、新しいテクノロジーを採用することと同義ではない。ロボットと効果的に協働するためには、乗り越えるべきいくつかの課題がある。本稿では、そうした課題の正体を明らかにしたうえで、考える機械といかに向き合うべきかを論じる。

ウォルター・フリック『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター。

PDF論文:10ページ[約1,676KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない