2015年11月号

アリババの戦略はアルゴリズムに従う

迅速な変化が成長を促す

マーティン・リーブズ

マーティン・リーブズ

ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー

曽 鳴

曽 鳴

アリババグループ 最高戦略責任者

アミン・ベンジャラ

アミン・ベンジャラ

ADP 戦略・事業開発担当バイスプレジデント

テクノロジーが進化し、急速に変化する経営環境の中で、企業が成長するためには、これまで安定的に推移してきた既存事業と、予測不能な新規事業とを同時にうまく舵取りしなくてはならない。それを実現するには、実験や学習を通じて自律的に変化に対応するセルフチューニング(自動調整)が求められる。中国のeコマース(電子商取引)最大手のアリババは、急速に変化する事業環境の中で自社のビジョン、ビジネスモデル、その構成要素をうまく調整しながら成長を遂げてきた。本稿ではアリババの事例を用いながら、セルフチューニング型企業について論じていく。

マーティン・リーブズボストン コンサルティング グループ シニアパートナー

曽 鳴アリババグループ 最高戦略責任者

アミン・ベンジャラADP 戦略・事業開発担当バイスプレジデント

PDF論文:11ページ[約1,305KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない