2015年11月号

オーグメンテーション:人工知能と共存する方法

5つのアプローチで解決する

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン大学 特別教授

ジュリア・カービー

ジュリア・カービー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』 エディター・アット・ラージ

人工知能やロボットの発達で職場の自動化(automation)が進み、我々の仕事が奪われるのではないか、という危機感が高まっている。筆者らは「人間の仕事を効率よく機械に置き換える」ではなく、「優れた思考機械が人間の仕事をサポートし、さらなる偉業を成し遂げる」と発想を変えることで、この自動化の波を雇用の可能性を増す拡張(augmentation)の機会ととらえる。筆者らが研究したさまざまな事例をもとに、その5つのアプローチを論じる。

トーマス H. ダベンポートバブソン大学 特別教授

ジュリア・カービー『ハーバード・ビジネス・レビュー』 エディター・アット・ラージ

PDF論文:12ページ[約1,333KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない