2009年8月号

事業撤退の正しい方法

柔和路線アプローチで負の影響を回避する

ケネス・W・フリーマン :コールバーグ・クラビス・ロバーツ マネージング・ディレクター

ケネス・W・フリーマン

コールバーグ・クラビス・ロバーツ マネージング・ディレクター

不況期のせいで、多くの企業が事業の廃止や縮小を余儀なくされている。このように痛みを伴う決断に強硬路線で臨んでは、残された社員のモラールやロイヤルティが低下し、その結果、事業や顧客に累が及び、最終的には株主価値を損なうはめになる。ケネス・W・フリーマンは、三五年以上にわたり、事業撤退とそれに伴う人員削減の現場ばかり経験してきた。彼は、事業撤退と人員整理には、時には強硬路線も必要だが、それにまして「柔和路線」が重要であると説く。本稿では、彼のさまざまな経験をひも解きながら、事業撤退の正しいアプローチについて解説する。

ケネス・W・フリーマンコールバーグ・クラビス・ロバーツ マネージング・ディレクター

PDF論文:12ページ[約1,305KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない