たとえばラグジュアリーブランドのように、顧客層が限定される企業の場合でも、ソーシャルの拡散力を活かした広告は有効と言えるのでしょうか。

 ブランドを重視しているような広告主に話を聞くと、ファネルの上層をいかに育てていくかを重要と考えられており、どれだけ多くの人々に自分たちのコンテンツが見られたかを気にされています。そういった意味で、ソーシャルでの拡散に強みを持つBuzzFeedとの取り組みは、すでにブランド力がある広告主に対するソリューションの提供という点でも大きな意味を持つと思っています。

動画の時代を見越して先行投資

ネイティブ広告を含めたインターネットコンテンツには、どのような変化が訪れると思いますか。

 フォーマットの動画化は急速に進んでいくと考えています。これだけデバイスが進化し、かつ通信環境も拡充されていくなかで動画化は避けて通れません。そこに対する投資はしっかりと行っていきたいと思っています。

動画に力を入れるとなると、従来の広告とは比にならない制作の手間がかかりますよね。その点はどのように解消されるのでしょうか。

「自分たちでできるところとパートナーと協力して進めていったほうがいいところを分けることで、事業をスケールアップしたい」

 そうですね。制作については、いまいくつかのソリューションを用意しています。たとえば5月に、Viibar(ビーバー)と資本業務提携しました。同社は2000名以上のクリエイターとのネットワークを活用して、映像制作に特化したクラウドソーシングを提供しています。動画広告をつくってほしいというニーズが高まるなか、クライアントをクリエイターとつなげることを仕組み化したいと思っています。

 また、地方の中小企業などでそれほど広告予算が潤沢ではないお客様でも、動画広告を制作したいというニーズはあると思います。そのニーズに応えるため、韓国のビデオツール企業であるShakr Mediaと提携し、「Yahoo!ビデオクリエイター」というサービスを提供します。豊富なテンプレートに画像数点や動画を組み合わせるだけで、短時間、低価格で高品質な動画を作成できるサービスです。

 こうした取り組みはこれからも進めていくつもりです。自分たちでできるところとパートナーと協力して進めていったほうがいいところを分けることで、事業をスケールアップしたいと思っています。

 次回更新は、9月18日(金)を予定。

 

【編集部からのお知らせ】

10月13日・14日の2日間、世界中からマーケティングの叡智が結集!

本記事をご覧いただいた方限定で、通常80,000円(+消費税)が60,000円(+消費税)になる特別割引を実施!お申し込みの際、指定の欄に「80001」と入力ください。

ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2015

日程:2015年 10月13日(火)9:30~18:15
       10月14日(水)9:30~17:15
会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール3F「北辰」(東京都港区高輪3-13-1)
登壇:フィリップ・コトラー(ノースウェスタン大学 ケロッグ経営大学院 教授)、ドン・シュルツ(ノースウェスタン大学IMC名誉教授)、高岡浩三(ネスレ日本代表取締役社長兼CEO)、吉田忠裕(YKK代表取締役会長)、岩田彰一郎(アスクル代表取締役社長兼CEO)、宮坂学(ヤフー代表取締役社長)ほか。
詳細http://wmsj.tokyo/
申込:お申し込みはこちらから。