2015年10月号

社会起業の持続可能性を高める法

【起業家精神】顧客や政府を巻き込み、イノベーションを導入する

ロジャー L. マーティン

ロジャー L. マーティン

元トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメント学長

現在は同校マーティン・プロスペリティ・インスティテュートのディレクターを務める。共著にCreating Great Choices(未訳)がある。

サリー・オズバーグ

サリー・オズバーグ

スコール財団 理事長兼CEO

社会起業による事業を継続するには、志だけでなく、また補助金や寄付を当てにするのではなく、収益面での持続可能性が求められる。しかし、社会起業が恩恵をもたらそうとする対象の多くが経済的弱者や社会的弱者であることを考えれば、それは容易なことではない。筆者たちは、社会起業家を支援するスコール財団の経験から、既存システムの2つの特徴──システムに関係する経済主体と、それを支える技術──を変えることが大切だと言う。さまざまな具体例からその秘訣を解説する。

ロジャー L. マーティン元トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメント学長

サリー・オズバーグスコール財団 理事長兼CEO

PDF論文:10ページ[約801KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない