2009年8月号

不況期の成長戦略

「グラニュラー・マネジメント」を導入せよ

スベン・スミット

スベン・スミット

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

パトリック・ビギュエリ

パトリック・ビギュエリ

マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

メルダッド・バグハイ

メルダッド・バグハイ

アルケミー・グロース・パートナーズ マネージング・ディレクター

前回の不況で改革の道を選んだ企業は成長を享受した。今回の不況をチャンスと見る企業も多いが、そのアプローチは進化しているかもしれない。筆者らが「グラニュラー・マネジメント」と呼ぶ手法では、これまで捕捉できなかったマイクロ・レベルまで、市場や顧客を掘り下げることで、真の成長機会を見出す。グラニュラー・マネジメントを実践する企業は、事業を細かく分解・分析して、ライバルの気づかないチャンスを発見し、そこに資金や経営資源を傾斜配分することができる。

スベン・スミットマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

パトリック・ビギュエリマッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

メルダッド・バグハイアルケミー・グロース・パートナーズ マネージング・ディレクター

PDF論文:16ページ[約3,298KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない