2015年10月号

社員の成長につながる人事評価システムをつくる

信頼できる評価に必要な4つの項目

マーカス・バッキンガム

マーカス・バッキンガム

ザ・マーカス・バッキンガム・カンパニー 創業者

アシュリー・グッドール

アシュリー・グッドール

デロイト・サービス ダイレクター

膨大な時間と労力をかけて実施する人事評価システムも、それが将来の業績向上や社員のコミットメント向上に結び付いているか疑わしい。過去の業績から評価しても、将来の社員の成長につながるとは限らないからだ。この問題に、デロイトがマーカス・バッキンガムの協力の下、新たな評価システムの設計を始めた。年間200万時間を費やしていた業績評価の時間を、評点を決めるために費やすのではなく、社員の働きぶりと今後のキャリアについて話す時間に変える試みである。

マーカス・バッキンガムザ・マーカス・バッキンガム・カンパニー 創業者

アシュリー・グッドールデロイト・サービス ダイレクター

PDF論文:13ページ[約1,104KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない