2015年10月号

ブルー・オーシャン・リーダーシップ:戦略から組織へ

確実に組織が変わる4つのステップ

W・チャン・キム

W・チャン・キム

INSEADブルー・オーシャン戦略研究所の共同ディレクター。同校のボストン・コンサルティング・グループ・ブルース・D・ヘンダーソン講座教授(戦略論および国際経営学)。

レネ・モボルニュとの共著にBlue Ocean Strategy, Expanded Edition(邦訳『[新版]ブルー・オーシャン戦略』ダイヤモンド社、2015年)がある。

レネ・モボルニュ

レネ・モボルニュ

INSEAD 教授

本特集で取り上げたブルー・オーシャンは、苛烈な競争から抜け出し、未知の市場を創造することを提唱した経営戦略論だが、筆者のW. チャン・キムとレネ・モボルニュは、このブルー・オーシャンの概念と枠組みを応用して、リーダーシップ開発の手法を編み出した。筆者たちはリーダーシップを組織のメンバーへのサービスと考え、上司や部下はリーダーの「顧客」と見なす。「顧客」がリーダーの価値を認め、リーダーシップを受け入れるなら、その能力や熱意も引き出されるのではないか、これはブルー・オーシャンの発想につながるというのである。徹底的に行動ベースでリーダーを変えていくこの手法を、ある小売企業の事例をもとに解説する。

W・チャン・キムINSEADブルー・オーシャン戦略研究所の共同ディレクター。同校のボストン・コンサルティング・グループ・ブルース・D・ヘンダーソン講座教授(戦略論および国際経営学)。

レネ・モボルニュINSEAD 教授

PDF論文:14ページ[約1,936KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない