2009年9月号

CEOにしかできない仕事

私がドラッカーに学んだこと

アラン・G・ラフリー :ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー 会長兼CEO

アラン・G・ラフリー

ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー 会長兼CEO

ピーター・F・ドラッカーは、まさしく世界中のCEOの「先生」であった。その生徒には、ジャック・ウェルチ、アンディ・グローブ、盛田昭夫など、産業史に名を残すCEOも多数おり、P&Gのアラン・ラフリーもその一人である。ラフリーは二〇〇〇年にCEOに就任して以来、ドラッカーが定義した「CEOの仕事」、すなわち「重要な外部者を定義する」「『我々の事業は何か』『我々の事業ではないものは何か』について問う」「現在と将来のバランスを図る」「組織の価値観と基準を確立する」にのっとって窮地にあったP&Gの改革に取り組み、みごと再建を果たし成功した。本稿では、ラフリーみずからが、現在からCEO就任当時までを振り返りながら、CEOが何をしなければならず、また何をしてはならないのかを論じる。

アラン・G・ラフリーザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー 会長兼CEO

PDF論文:14ページ[約1,925KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない