2009年9月号

改革のアイデアは抵抗勢力に聞け

批判は有益なフィードバック

ジェフリー・D・フォード

ジェフリー・D・フォード

オハイオ州立大学 フィッシャー・カレッジ・オブ・ビジネス 准教授

ローリー・W・フォード

ローリー・W・フォード

クリティカル・パス・コンサルタンツ 社長

改革が行き詰まると、経営者やその担当者は、「非協力的な連中がいたから頓挫した」と、失敗の原因を抵抗勢力のせいにしがちである。たしかに自分勝手な理由で反対する人たちもいるが、実際は、抵抗という行為は、失敗を教える現場からの「シグナル」であり、また有益なフィードバックであることを理解していないことが多い。本稿では、改革の意図や理由を明らかにすること、抵抗勢力の意見も取り入れること、参画意識を高めることなど、抵抗を「改革の推進力」に変える方法を紹介する。

ジェフリー・D・フォードオハイオ州立大学 フィッシャー・カレッジ・オブ・ビジネス 准教授

ローリー・W・フォードクリティカル・パス・コンサルタンツ 社長

PDF論文:8ページ[約1,969KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない