2009年9月号

ビジネススクールの責任

MBAの存在意義を問う

ジョエル・M・ポドルニー :アップル大学 学長兼バイス・プレジデント 元 エール・スクール・オブ・マネジメント 学長

ジョエル・M・ポドルニー

アップル大学 学長兼バイス・プレジデント 元 エール・スクール・オブ・マネジメント 学長

金儲けのことばかり考えているMBAこそ現在の不況の元凶であり、そのような連中を育成したビジネススクールは社会のガンである──。MBAとビジネススクールはいま、このような辛らつな批判を浴びている。たしかにビジネススクールは、データや数式、理論に偏りがちで、しかも学生たちにエリート主義を植えつけてきた。その結果、いま最も問われている道徳や価値観の教育をなおざりにしてきた。元エール・スクール・オブ・マネジメント学長である筆者は、現在のビジネススクールは、およそプロフェッショナル養成機関ではなく、このままでは、社会から突きつけられた不信を払拭できないと訴える。

ジョエル・M・ポドルニーアップル大学 学長兼バイス・プレジデント 元 エール・スクール・オブ・マネジメント 学長

PDF論文:10ページ[約1,354KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない