2015年9月号

顧客データの収集は信頼構築から始める

【マーケティング】データ社会で優位性を築くための3つの原則

ティモシー・モリー

ティモシー・モリー

フロッグ イノベーション戦略担当バイスプレジデント

セオドア・“セオ”・フォーバス

セオドア・“セオ”・フォーバス

コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ デジタル・トランスフォーメーション担当グローバル・バイスプレジデント

アリソン・シュープ

アリソン・シュープ

フロッグ アソシエート戦略ディレクター

近年、企業が顧客にまつわるあらゆるデータを容易に収集できる状況が整った。顧客データの収集に対する企業の姿勢はさまざまで、一部は自社のデータ活用プロセスを情報開示しているが、多くは消費者に何も知らせていない。そのため企業の情報収集に対して何らかの不安を抱く人は多い。本稿では、企業が顧客データを収集する際のカギとなる信頼をいかに構築するか、そして情報に対する対価をどのように考えるべきかを論じていく。

ティモシー・モリーフロッグ イノベーション戦略担当バイスプレジデント

セオドア・“セオ”・フォーバスコグニザント・テクノロジー・ソリューションズ デジタル・トランスフォーメーション担当グローバル・バイスプレジデント

アリソン・シュープフロッグ アソシエート戦略ディレクター

PDF論文:14ページ[約1,141KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない