2009年10月号

嘘偽りのないスピーチの秘訣

脳科学の知見を生かす

ニック・モーガン :パブリック・ワーズ 設立者

ニック・モーガン

パブリック・ワーズ 設立者

脳科学の研究によると、表情やしぐさ、身振りや手振りなどの動作は、口から発せられる言葉より先に現れ、時には次の思考や言葉を示唆するという。しかも、相手はこのような非言語メッセージをすぐさまキャッチし、その真意を読み取ってしまうことがわかっている。この脳科学の知見を知らぬまま、従来の方法でスピーチに合わせたジェスチャーを練習すると作為的に見えてしまう。脳科学に基づく、「嘘偽りのない態度」を表現できるスピーチの練習方法について解説する。

ニック・モーガンパブリック・ワーズ 設立者

PDF論文:7ページ[約1,049KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない