2015年8月号

いま問い直す知識資産の価値

【組織能力】ナレッジ・マネジメントの本質

マーティン・アイリグ

マーティン・アイリグ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 准教授

イアン C. マクミラン

イアン C. マクミラン

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ビッグデータなど、膨大なデータの活用への関心が高まる中で、これまで企業で培われてきた知識資産の管理がおろそかになる可能性がある。ビッグデータから価値ある洞察を引き出すうえでも、現在の知識資産を把握し、どの知識が成功のカギを握るのかを理解することが大切だと、筆者たちは指摘する。本稿は知識資産を戦略的に管理する方法を具体的に論じる。知識資産をマッピングし、それを検分したうえで、知識資産の新たな活用を考え、価値を創出するのだ。

マーティン・アイリグペンシルバニア大学 ウォートンスクール 准教授

イアン C. マクミランペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

PDF論文:11ページ[約1,101KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない