2015年8月号

研究成果が事業にならない7つの理由

【R&D】なぜ多くの発明、特許が対価を得られないのか

レディ・コタ

レディ・コタ

シンガポール・マネジメント大学 助教授

フィリップ H. キム

フィリップ H. キム

バブソン大学 准教授

オリバー・アレクシ

オリバー・アレクシ

ミュンヘン工科大学 教授

米特許商標庁および世界知的所有権機関によると、2013年に米国だけで約28万件、世界全体では100万件近くの特許が登録された。そのうち商業的利益を生む可能性があるのは約10%にすぎず、しかも大した額にならない。この惨憺たる状況をどうすればよいか。研究者や企業が陥りがちな7つの罠と、その回避方法を提示する。

レディ・コタシンガポール・マネジメント大学 助教授

フィリップ H. キムバブソン大学 准教授

オリバー・アレクシミュンヘン工科大学 教授

PDF論文:11ページ[約784KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない