2009年10月号

脳科学はまだ進行形である

未発達であり、応用範囲は限られる

ジョン・J・メディナ :ワシントン大学 医学部 客員教授

ジョン・J・メディナ

ワシントン大学 医学部 客員教授

脳科学ブームが再び訪れている。脳の発達に関係する遺伝子を研究している分子生物学者のジョン・J・メディナは、「脳科学はたしかに進歩したとはいえ、いささか過大に喧伝されており、ビジネスに適用できると考えるのは時期尚早である」と釘を差す。とはいえ、脳へのストレスと生産性の相関性、記憶の脳内リハーサルの意味、有酸素運動と脳の健康の関係にまつわる知見などは、すでに十分役に立つものであり、積極的に活用すべきであるとも言う。

ジョン・J・メディナワシントン大学 医学部 客員教授

PDF論文:6ページ[約849KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない