2015年8月号

CSRこそ効率化せよ

最適な社会的責任を果たす4つのステップ

カストゥーリ・ランガン

カストゥーリ・ランガン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

リサ・チェイス

リサ・チェイス

ハーバード・ビジネス・スクール 研究員

ソエル・カリム

ソエル・カリム

ソシエント・アソシエーツ 共同創業者兼マネージング・ディレクター

近年、CSR(企業の社会的責任)を自社の規範としていっそう重視し、個々の取り組みに事業成果を求める動きが高まっている。しかし、多くの企業がCSRへ取り組む姿勢を見せているにもかかわらず、連携・調整の不足や、首尾一貫した戦略を持たないために成果が上がっていない。本稿ではCSR活動を3つの領域に分けたうえで、CSR戦略に一貫性と規律をもたらす4段階のプロセスについて論じていく。

PDF論文:11ページ[約1,068KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない