2009年10月号

脳は死ぬまで鍛えられる

神経科学が教える「認知適応性」の訓練法

ロデリック・W・ギルキー

ロデリック・W・ギルキー

エモリー大学 医学部 教授

クリント・D・キルツ

クリント・D・キルツ

エモリー大学 医学部 教授

最近の脳科学研究の成果のなかで、とりわけ朗報といえるのは、「年齢と共に、脳も老化するわけではない」という発見ではなかろうか。そのためには、「認知適応性」を強化する必要がある。すなわち、脳を鍛えるような生活態度や習慣を取り入れて、推論、記憶、学習、計画、適応といった能力を最適化するのである。たとえば、ミラー・ニューロンを活性化するために三現主義を実践する。脳を喜ばせるために、一生懸命に遊ぶ。左脳のパターン認識力を鍛えるために認知訓練を励行する。現在のみならず、第二の人生に備えるうえでも、認知適応性の向上に励むことが重要である。

ロデリック・W・ギルキーエモリー大学 医学部 教授

クリント・D・キルツエモリー大学 医学部 教授

PDF論文:11ページ[約1,138KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない