2009年10月号

孔子と弟子たちの問答の読み方

孔門十哲の君子学

三田 明弘 :日本女子大学 人間社会学部 准教授

三田 明弘

日本女子大学 人間社会学部 准教授

『論語』の魅力は、孔子の教えや儒教の教条を羅列した経典としての価値だけにあるのではない。絶対概念としての「君子」という理想型を求める孔子と、それぞれ個性の異なる弟子たちとが繰り広げる人間劇としてのおもしろさをも秘めている。しかも、彼らが求めるものは現実には存在しない。それゆえに、孔子と弟子たちとの間で交わされる問答は、悲壮で滑稽ですらあるのだ。

三田 明弘日本女子大学 人間社会学部 准教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない