2009年10月号

『論語』の世界

孔子の生きざま、言葉の字義を洞察する

松岡 正剛 :編集工学研究所 所長

松岡 正剛

編集工学研究所 所長

『論語』の注釈書は、数百に上るといわれる。この書の解釈は、読み手によって実にさまざまなのだ。蔵書六万冊、古今東西の書籍一〇〇〇余冊を紹介した読書案内サイト『千夜千冊』で、その博覧強記を披瀝した松岡正剛氏は、孔子に学ぶことと『論語』を読むことは異なると言う。そして彼は、江戸時代の儒学者伊藤仁斎、中国文化史の碩学吉川幸次郎、また彼が私淑する白川静の『論語』の読み方と世界観に、ビジネス・パーソンはよく学ぶことができるだろうとアドバイスする。

松岡 正剛編集工学研究所 所長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない