2009年10月号

私が『論語』に学んだこと

リーダーの資質と条件

中曽根 康弘 :元 内閣総理大臣

中曽根 康弘

元 内閣総理大臣

一九八二年から四年一一カ月にわたって内閣総理大臣の位に就き、行政改革や外交政策などに多くの業績を残した中曽根康弘氏。退任後の八九年に行われたHBR誌のインタビューでは、リーダーとして歴史に学ぶ重要性を指摘しているが、特に『論語』については、東洋的道徳律と共に、無意識のうちにリーダーとしての素養を学んだと述懐する。自身の政治家としての歴史を振り返ってみても、知らず知らずのうちに、孔子の言葉の影響を受けていたことが少なくないと言う。

中曽根 康弘元 内閣総理大臣

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない