本家にはない日本発CSVの深み

 いま私が、日本をもう一度世界が羨む競争力のある国にするためのカギになると考えているのがCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)です。マイケル・ポーターが提唱したこのコンセプトは、社会的価値と経済的価値を同時に追求して両立させることをめざすものです。

 従来からあるCSR(Corporate Social Responsibility)とよく比較されますが、CSRには社会的責任を果たすために本来の事業活動に付随して義務的に行うものというイメージがあります。これに対してCSVは、本業そのもので社会課題を解決し、利益もしっかりと生み出すという、経営のど真ん中に据えるべき戦略です。

 アメリカで生まれたCSVが、なぜ日本企業のグローバル成長を後押しするのかといえば、それは日本ほどCSVを実践する土壌に恵まれた国はほかにないからです。日本には昔から、売り手よし、買い手よし、社会よしの「三方よし」の精神が根づいています。

 儲けのためだけに会社を興す企業家は稀ですし、社員の多くも給料のためだけに働いているわけではありません。経営理念やミッション・ビジョン・バリューなどという言葉を持ち出さなくても、社会に何らかのよいインパクトを与えたい、よい仕事を通して顧客を喜ばせたいという意識が、上から下まで自然にある。これが日本の強みです。

 ポーターの話をよくよく聞いていると、経済価値こそが最終的な目的で、それを実現するための手段として社会的課題の解決を位置づけているのがわかります。正しい営利主義ではありますが、ここに本家CSVの限界があります。

 それに対して日本的経営では、社会的価値を生み出すことが目的で、それがきちんとできれば経済価値は後からついてくると考えます。どちらが戦略を遂行する現場をより力強く動機づけるかは、論を待ちません。

 ただし、いつまでも「三方よし」で満足していてはだめです。ポーターは、日本企業は経済価値が足りないのでCSVではなくCSRだ、それではいくらよい仕事をしても社会に対する影響は限定的だと厳しく指摘しています。悔しいですが、的外れとはいえないでしょう。儲ける力が弱いということは、社会が本当に認める価値を生み出せていないということの裏返しでもあるからです。

 日本企業のなかでも抜群の収益力を誇る企業の1つに、キーエンスがあります。同社はセンサーに特化して、グローバルに成長し続けています。IOT(Internet of Things)や第4次産業革命(Industry 4.0)が世界を席巻するなかで、センサーはキーコンポーネントとして位置づけられています。まさに、時代の申し子といってもいいでしょう。そのキーエンスでは、利益率を「お役立ち度」と読んでいます。そして、その粗利は何と、80%以上。これを暴利と見なすのではなく、社会への貢献度の評価軸とするキーエンスの経営には、社会的価値と経済価値を高いレベルで実現する本来のCSVの姿を見ることができるのではないでしょうか。

 ポーターに言われるまでもなく、経済価値にもっともっとこだわる必要があります。そのためには、社会的価値を利益に転換する力、すなわち儲ける力を身につけなければなりません。そうすることで生まれる日本企業らしい、日本発の新しいCSVは、本家CSVをはるかに凌駕する深さと強さを得ることになるでしょう。