2009年11月号

「移民」という五億人市場

ウェスタン・ユニオンが拓く巨大市場

マルセロ・M・スアレス=オロスコ :ニューヨーク大学 教授

マルセロ・M・スアレス=オロスコ

ニューヨーク大学 教授

二〇〇七年、アメリカ在住移民による母国への送金額は三五〇〇億ドルに達し、またその最大勢力であるラテンアメリカ系移民の購買力は八〇〇〇億ドルに及ぶ。移民たちは親族への仕送りを通じて、母国の外貨獲得にも大きく貢献しているのだ。この隠れた巨大市場を開拓する企業が現れ始めた。

マルセロ・M・スアレス=オロスコニューヨーク大学 教授

PDF論文:2ページ[約367KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない