2015年6月号

いま明かされる集団思考のメカニズム

【マネジメント】一人ひとりの知恵を活かす6つの方法

キャス・サンスティーン

キャス・サンスティーン

ハーバード大学 ロースクール 教授

リード・ヘイスティ

リード・ヘイスティ

シカゴ大学 ブース・ビジネススクール 教授

一人ひとりが異なる「部分」に注意を払い、それらの「部分」を正しく集約できれば、その集団はどれほど優れた個人よりも多くを知る結果になる──。このような、集団での判断は個人の判断に勝るという仮説は、長きにわたって受け入れられてきたが、この理屈通りに潜在能力を発揮できる集団は、実は極めて少ない。本稿では「集団になると判断を誤る」という問題を、行動科学の研究成果をもとに考える。集団がどのようなメカニズムでミスを犯し、誤りを増幅させるのかを解明し、それを防ぐための6つの方法を提示する。

キャス・サンスティーンハーバード大学 ロースクール 教授

リード・ヘイスティシカゴ大学 ブース・ビジネススクール 教授

PDF論文:15ページ[約1,751KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない