2009年11月号

「単国籍化」する多国籍企業

グローバル企業の「本籍」が再び問われる

ジェフリー・G・ジョーンズ :ハーバード・ビジネススクール 教授

ジェフリー・G・ジョーンズ

ハーバード・ビジネススクール 教授

多国籍、あるいは超国家と呼ばれる企業は、そもそも国境に縛られず自由に活動する営利体であり、その実態は無国籍である。しかし、保護主義の高まりもあって、多国籍企業は「単国籍化」しつつある。

ジェフリー・G・ジョーンズハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:3ページ[約572KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない