2015年5月号

中国企業のしたたかなマネジメントに学べ

【グローバル】激動の変化を生き抜いてきた

トーマス・ハウト

トーマス・ハウト

元 ボストン コンサルティング グループ パートナー

デイビッド・マイケル

デイビッド・マイケル

ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー兼マネージングディレクター

中国にはいまだゼネラル・エレクトリックやサムスンのような世界的大企業は誕生していないし、トヨタのTQMやかんばん方式のような画期的なマネジメント手法を生み出した企業はない。それゆえ我々は中国企業のマネジメントには学ぶものはないと考えがちだ。しかし本稿の筆者たちは、激動の環境に適応し、政府と党の動静にも目配りしてきた中国企業の、対応力、即興性、柔軟性、スピードという特質については学ぶところが大きいと言う。中国民間企業30社余りを対象とした調査から、中国独特のマネジメント手法について論じる。

トーマス・ハウト元 ボストン コンサルティング グループ パートナー

デイビッド・マイケルボストン コンサルティング グループ シニアパートナー兼マネージングディレクター

PDF論文:10ページ[約1,815KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない