2015年5月号

内部の人間こそサイバー攻撃の脅威である

【リスクマネジメント】組織を挙げて実施すべき5つの対処法

デイビッド M. アプトン

デイビッド M. アプトン

オックスフォード大学 サイードビジネススクール 教授

サディ・クリース

サディ・クリース

オックスフォード大学 教授

情報化社会の発展は我々に数え切れない恩恵をもたらしたと同時に、デジタル化された情報の管理という新たな課題を突きつけた。サイバー攻撃による機密情報の漏洩は後を絶たないが、そこには見落とされがちな事実がある。攻撃の首謀者は部外者に限らず、むしろ部内者が関与した時ほど、より深刻な打撃を受けるという事実だ。だが、多くの企業がそのリスクを軽視している。本稿では、部内者によるサイバー攻撃の被害の重大さを明らかにしたうえで、それに立ち向かうための5つの対処法が示される。

デイビッド M. アプトンオックスフォード大学 サイードビジネススクール 教授

サディ・クリースオックスフォード大学 教授

PDF論文:11ページ[約2,595KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない