2015年5月号

【2014年版】「フォーチュン100」経営者のキャリアパス

1980年以来、30年の変化をとらえた

ピーター・カッペリ

ピーター・カッペリ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

モニカ・ハモリ

モニカ・ハモリ

IEビジネススクール 教授

ロシオ・ボネット

ロシオ・ボネット

IEビジネススクール 准教授

2005年、筆者らはフォーチュン100社の経営幹部を対象に、そのキャリアパスや昇進年数などを調査、1980年と2001年の状況を比較した。それから10年。リーマンショックなどを経て、経営層に至る道はどのように変わったのだろうか。生え抜きか外部出身者か、アイビーリーグ校のMBAは有利なのか、役員の女性比率は……。経歴、教育、ダイバーシティ、キャリアパスの4つの側面から示す。

ピーター・カッペリペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

モニカ・ハモリIEビジネススクール 教授

ロシオ・ボネットIEビジネススクール 准教授

PDF論文:12ページ[約861KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない