2015年5月号

人材は潜在能力で見極める

新たな人材の発掘と育成の時代へ

クラウディオ・フェルナンデス=アラオス :エゴンゼンダー・インターナショナル シニアアドバイザー

クラウディオ・フェルナンデス=アラオス

エゴンゼンダー・インターナショナル シニアアドバイザー

これまで人材の見極めにはコンピテンシーが用いられてきたが、不透明で不確実な経営環境にあっては、「潜在能力」に着目して人材を発掘すべきである。変化する環境では、過去の経歴や手腕は将来の業績を約束するものではなく、環境に適応し、みずからを成長させる力が求められるからだ。本稿では、潜在能力を規定し、そうした人材の発掘法を紹介する。さらにこうした人材を巧みに引き留め、能力が高められるような育成プログラムについて論じる。なお、今後は優れた人材の需給が逼迫するため、こうした人材の確保に成功する企業は成功への足掛かりを得ることになるだろうと指摘している。

クラウディオ・フェルナンデス=アラオスエゴンゼンダー・インターナショナル シニアアドバイザー

PDF論文:15ページ[約1,315KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない