2015年4月号

【インタビュー】データは誰のものか

コンピュータ・サイエンスの第一人者に聞く

アレックス・サンディ・ペントランド :MITメディアラボ 教授

アレックス・サンディ・ペントランド

MITメディアラボ 教授

身の回りの製品がデータを送受信するIoT時代にあって、個人データを価値あるものとして扱うための規制は存在していない。何もかも覗かれている気がすれば、一般個人は情報共有に懸念を示すであろうし、情報漏洩のみならず、システムに大打撃が出る事態となれば、規制が強化されることは必至である。それは企業にとっても得策ではないだろう。もっと長い目でお互いの信頼関係を築くことが、最終的には皆に資するものとなるはずだ。それが、「データのニュー・ディール」構想である。

アレックス・サンディ・ペントランドMITメディアラボ 教授

PDF論文:8ページ[約1,397KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない