2015年4月号

IoTという新たな産業革命

デジタル・ファブリケーション時代が到来する

村井 純 :慶應義塾大学 環境情報学部長・教授

村井 純

慶應義塾大学 環境情報学部長・教授

3Dプリンターの普及に伴い、モノづくりが一新するのではないかという議論が盛り上がりを見せているが、その背景にはIoT(モノのインターネット)の進展がある。IoTは私たちの生活にどのような変化をもたらすのか。また、技術の発展に合わせて社会はどう発展すべきなのか。人と人、人とモノ、そしてモノとモノがつながる時代の展望を、「日本のインターネットの父」と称される村井純氏が論じる。

村井 純慶應義塾大学 環境情報学部長・教授

PDF論文:10ページ[約2,464KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない