2009年11月号

「コミュニティシップ」経営論

企業は株主価値を最大化するためのマシンではない

ヘンリー・ミンツバーグ :マギル大学 教授

ヘンリー・ミンツバーグ

マギル大学 教授

アングロサクソン経営に警鐘を鳴らし続けてきたヘンリー・ミンツバーグは、個人主義的な価値観とアメリカ流リーダーシップが支配的になった結果、組織にとって最も重要な「コミュニティ精神」が失われつつあると指摘する。またミンツバーグは、彼の言うところの「コミュニティシップ」を語らずして、リーダーシップも、経営のあるべき姿も語れないと述べる。

ヘンリー・ミンツバーグマギル大学 教授

PDF論文:13ページ[約1,938KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない